MENU

プロミスのおまとめローン

プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンで計画的な返済をしてみましょう。たくさんの借り入れを抱えて返済を負担だと感じている方、月々の返済計画を見直してみませんか?

 

プロミスで利用できるおまとめローンは貸金業法に基づくものですから、現在利用中のローンが貸金業者からという方が申し込みできる対象者となります。クレジットカードのショッピングの支払いや銀行カードローンの返済をまとめることはできません。

 

消費者金融のカードローンの中でもプロミスは低金利と評判になっていますが、おまとめローンも安心して利用していただける6.3%〜17.8%の金利設定です。借り入れできる極度額は最高で300万円までとなっています。現在総量規制の金額を超えた借り入れの返済をしているという方にもおすすめのおまとめローンですね。

 

プロミスの返済でうれしい点は、返済期日を選べることです。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座から振替による返済を選択すれば、5日、15日、25日、月末日のいずれかから返済日を選べます。お給料日の都合に合わせることができますのでより返済の負担を軽くできそうですね。

 

おまとめローンでは申し込みはネットではなく直接行かなければできないのですが、店舗だけでなく営業時間も長く誰にも会わなくてよい自動契約機も利用できますので安心です。まずは気になる点などを解決するためにも、カードローン借り換えシュミレーションを利用してみたり、プロミスコールに相談してみるのもおすすめです。現在プロミスを利用中の方もおまとめローンに切り替えることもできますよ。

カードローンの審査が甘いとはどういうこと?

銀行系のカードローンとよばれている、金融会社が保証会社となっているローン商品は、銀行が独自に行っているカードローンよりも審査が甘いといわれています。

 

総量規制によって、貸金業者と呼ばれるところからは年収の3分の1以上の借り入れはできなくなりました。そのため、借り入れができなくて困っているという人は確実に存在します。

 

そういった人たちの受け皿となるのが、銀行系のカードローンとよばれるものなのです。銀行系カードローンは、総量規制の対象外ですから、貸金業者で以前のように借り入れができなくなった人たちが申し込む先となっているのが現状です。

 

銀行系のカードローンの審査が甘い、というわけではなく貸し手側もできるだけお金を借りて欲しいわけですから、審査基準の幅が広くなっていると考えたほうがよいでしょう。収入証明書がある程度の借り入れ金額以上でなければ必要ない場合や、専業主婦やパート、アルバイトといった方でも申込みができるようになっているカードローンがあります。

 

いくら審査が甘いといわれていても、もちろん過去に延滞をしていたり、債務整理や自己破産をしていたりという履歴が残っていれば審査を通過することは難しいことはいうまでもありません。

 

一般的にフリーローンであるカードローンは、住宅ローンなどに比べて借りやすいと考えられてはいますが、過去の金融事故などの履歴がある方の場合は、借り入れすることはほぼ無理であると考えておいた方がよいでしょう。